ダイレクトメールを送る前にまず相談

ダイレクトメールを見てもらう方法

ダイレクトメールは顧客と、企業を繋ぐためには重要なツールとなります。イベントのお知らせ、顧客へのメッセージと様々な使い方があるとは思います。しかし、これは企業側から見た意見となります。受け取る側はどうでしょう。届いた郵便をキッチリすべて見ているという人はどれだけいるのでしょうか。それに加えて、ポスティングによるチラシまで全部中身を把握するまで読んでいますという人は少ないと感じています。オトクなお知らせを本人に届けても、見てもらわなければただの紙屑です。それは大手の会社でも個人でも同じです。中身が確認されずゴミ箱へ入るのですから、受け取る側は白紙の用紙をもらったのと同じです。そこで、見てもらうための工夫が必要となります。発送対象となる顧客が多い場合は、業者に丸投げしてやってもらうのも仕方ありませんが、誕生日の顧客に向けたお得な情報となれば数はたかだか知れています。その時にダイレクトメールを出すのであれば、他者とは違う、自店だからこその工夫をすべきと思います。目立つように封筒に工夫をしたり、内容さえ許すのであれば、封筒ではなく、あえてハガキにしたり。ちょっとぐらい奇抜なほうが内容まで見てもらえるでしょう。1番いいのは、本人のSNSアカウントに直接メッセージを送るというのが1番効果的で、費用も少額です。

ダイレクトメール発送代行業者について

ダイレクトメールを活用したいけど、コストがかかるという面が一番問題になってきます。しかし、DM発送代行というところを利用することで、コストの面だけでなく様々なメリットが得られるのです。まずは、コストの面です。発送業者の多くは運送会社と大口契約を結んでいるので、自分たちで運送会社と契約するよりも安く済む場合があります。また、DMだと人件費がかかってしまいます。普段の仕事プラス、DM作成の仕事例えば、ラベル貼りや封入作業、発送の手続きなどDMを送る枚数によっては、相当な手間や時間がかかることになります。その結果社員に負担もかかり、人件費もかかります。発送業者が運送会社と大口契約を結んでることと人件費を抑えることを考えると発送代行業者にお願いする方がコストを抑えられるのではないでしょうか。また、発送のみを行うのではなく、デザインからコピーなどのクリエイティブから印刷までしてくれるところもあるようなのです。ただでさえ、効率的でスピーディーに発送してくれるのにそれにプラスして、制作もしてくれるところがあるとは驚きですよね。結果として、DM発送業者に頼むことにより、社員の負担も減らすことができてコスト削減にもつながるということです。

見開きA3サイズのふちのり圧着(A4-4P)DMが1万部で印刷、印字、郵便料金込で1通88.9円! 見開きA3以上の大判ふちのり圧着DMも印刷OK。 DM作成でお悩みのご担当者様!まずはお電話下さい。 ダイレクトメールのデザイン制作、申請手続き、発送代行までOK。DMパックならまるごとお任せ! 圧着2ツ折はがき1万部なら1通あたり54.4円!ダイレクトメール発送のDMパックへ。

new article

発送代行を頼む際の注意点

タックシールの方が安い?って本当 以前、3000通ほどのダイレクトメールの発送をしたことがあります。か…

more...

DMを支えるのは人間臭いアナログ作業

タイムリーの情報を伝える手段 情報が膨大になっている今は、その都度整合性がある内容を伝えることが大事に…

more...

自社でやるより任せたほうが断然スピーディー

ダイレクトメールは依頼がお得 企業の顧客を増やしたいと考えたとき、最も効率がよいのがダイレクトメールに…

more...

発送代行はネットで簡単に依頼可能

ダイレクトメール発送代行とは ダイレクトメールを自社で発送していると、従業員の手間や郵送代のことで困る…

more...