DMを支えるのは人間臭いアナログ作業

タイムリーの情報を伝える手段

情報が膨大になっている今は、その都度整合性がある内容を伝えることが大事になっています。そこで企業が率先してダイレクトメールを希望者へ送信すれば、営業効果を促進することに加えて、安心感を与える結果を提供できる方向が示されます。送信元や件名をわかるように明記することで、ダイレクトメールとしての価値は向上していきます。とにかく読んでもらえるよう、それぞれが文面や挿絵を工夫する取り組みが不可欠になってきます。確かな情報をタイムリーに伝えることができれば、ダイレクトメールとしての意義が果たされます。開封してもらえることを意識して、クーポン付きやお得なキャンペーンを付属にしたタイプも主流となっています。読み手を重視した内容を目指すことで、ダイレクトメール本来の意味がある事柄に近づけます。担当する部署の人はまず年間でどれくらいのコストが発生していくかを見極め、希望者へ送信する頻度を決めておくことが必要です。インターネット時代になったことを踏まえて、企業が消費者へ何ができるかをもう一度よく検討する内容が大切です。またビジネスチャンスを拡大させる内容が判明すれば、費用対効果の側面が見えてきます。海外向けブランドの発展は、ダイレクトメールが重大な鍵を握っています。

DM発送の準備バイト

全く別の短期バイトに入っていた時、人手が足りないということで急遽応援に行ったのが、DMの発送準備のバイトでした。内容としては、DMの中身を折る作業に、封筒に詰める作業、ダブルチェックしてから封筒を封緘する作業です。どれも単純で簡単な作業といえばそうですが、同じ作業を延々と繰り返していると疲れるということを思い知ることにもなりました。好きだったのは、機械を使ってDMの中身を折る作業です。紙を三つ折りにできる機械が世の中にはあるのです。少し規格が違うものは何千枚と人間が折り続けるという苦行でしたが。機械は早いです。人間が数人がかりで何時間とかかる作業を数分のうちに済ましてしまう素晴らしさです。見ていて爽快な気分になれる作業でした。その後、大量に生産された三つ折りの中身を封緘するのは人間の手作業ですが。ということで、自分の折ったもの、封緘したものが誰かの手元に届いたのでしょう。手で折っているものは、若干ずれていたり折り目の直しがあったりと、製作者の苦労が伺いしれると思います。受け取ってそこまで見る人はいないと思いますが。定形外の封筒に入れるものは、折る必要がないのでそのまま内容をチェックしてから封緘です。折って入れるよりもだいぶ楽で、どの作業に当たるかで辛さは全く違うな、と思いました。ちなみに時給はどの作業に当たっても同じです。

new article

発送代行を頼む際の注意点

タックシールの方が安い?って本当 以前、3000通ほどのダイレクトメールの発送をしたことがあります。か…

more...

DMを支えるのは人間臭いアナログ作業

タイムリーの情報を伝える手段 情報が膨大になっている今は、その都度整合性がある内容を伝えることが大事に…

more...

自社でやるより任せたほうが断然スピーディー

ダイレクトメールは依頼がお得 企業の顧客を増やしたいと考えたとき、最も効率がよいのがダイレクトメールに…

more...

発送代行はネットで簡単に依頼可能

ダイレクトメール発送代行とは ダイレクトメールを自社で発送していると、従業員の手間や郵送代のことで困る…

more...